AI(人工知能)導入による課題の解決

このページに掲載している「スマート図書館」は、
「AI(人工知能)を活用したビジネスの作り方」に収録した図書館が抱えている課題をAIとIoTを使ったシステムで改修する提案例です。

このページでは、掲載できなかった館内図を載せています。
具体的な課題と現状把握、及び、システム改修案の提案の流れについては、書籍をご参照ください。


システム改修の目的

既存のシステムを低予算で改修し、業務の合理化と利用者の利便性の拡大を目指す。
また、それに加え、オープンデータの提供を想定した機能をシステムに付け加える

オープンデータとは?
自由に使えるパブリックライセンスのデータです。
日本では、2016年12月に施行された「官民データ活用推進基本法」にて、国や地方自治体に対して、オープンデータの取り組みが推進されています。

変更前の課題
  1. 蔵書の管理方法の効率化
  2. 本を探しやすくする。
  3. 貸出件数(回転率)を増やす。
  4. 利用者を増やす。
  5. 市立図書館として地方色を出す
  6. オープンデータの準備
  7. 本の盗難を防ぐ

変更後
  1. ICスキャナーによる貸出手続きの自動化
  2. ICタグによる書庫管理の効率化
  3. 蔵書の音声検索システム
  4. 蔵書の対話形式システム
  5. 様々な種類の本を手に取って貰う為の配置変更
  6. オープンデータの自動生成
  7. ICスキャナーによる盗難防止

facebookでシェア twitterでシェア google+でキープ はてなブックマークでキープ Lineで送る

AI、IoT、ビックデータ による複合ソリューション

AI(人工知能)導入による課題の解決

このページに掲載している「スマート図書館」は、
「AI(人工知能)を活用したビジネスの作り方」に収録した図書館が抱えている課題をAIとIoTを使ったシステムで改修する提案例です。

このページでは、掲載できなかった館内図を載せています。
具体的な課題と現状把握、及び、システム改修案の提案の流れについては、書籍をご参照ください。


システム改修の目的

既存のシステムを低予算で改修し、業務の合理化と利用者の利便性の拡大を目指す。
また、それに加え、オープンデータの提供を想定した機能をシステムに付け加える

オープンデータとは?
自由に使えるパブリックライセンスのデータです。
日本では、2016年12月に施行された「官民データ活用推進基本法」にて、国や地方自治体に対して、オープンデータの取り組みが推進されています。

変更前の課題

  1. 蔵書の管理方法の効率化
  2. 本を探しやすくする。
  3. 貸出件数(回転率)を増やす。
  4. 利用者を増やす。
  5. 市立図書館として地方色を出す
  6. オープンデータの準備
  7. 本の盗難を防ぐ

変更後

  1. ICスキャナーによる貸出手続きの自動化
  2. ICタグによる書庫管理の効率化
  3. 蔵書の音声検索システム
  4. 蔵書の対話形式システム
  5. 様々な種類の本を手に取って貰う為の配置変更
  6. オープンデータの自動生成
  7. ICスキャナーによる盗難防止

facebookでシェア twitterでシェア google+でキープ はてなブックマークでキープ Lineで送る