RPA導入で業務をサポート
RPAを一言で説明すると

導入費用が安い

24時間365日働く

PC雑務が無くなる

プログラム不要

ミスがゼロ

人手不足の即効薬

RPAとは?

RPAは手軽に導入できるパソコン作業の自動化ツールです。
Robotic Process Automationの頭文字を取って「RPA」と呼ばれています。
他にも、「デジタルレイバー」や「ソフトウェアロボット」などの呼び名があります。

RPAの特徴

  • 導入費用が安い。今までシステム化の予算が取れなかったスケールの小さな業務も自動化
  • 専用ソフト、Excel、IEなどのインターネットブラウザ、等、複数のアプリケーションにまたがる動作も可能
  • 日や時間を設定してスケジュールでRPAを動かすことも可能。
  • RPAの作り方は簡単。マウス操作でも作れるので、プログラムは不要です。
  • RPAの平均開発期間は、10日間。慣れた人なら2日で出来る。
  • すぐに作れるので、手順・仕様・書式(フォーマット)が半年ごとに変わるような作業もシステム化

RPAの事例

RPAは2017年頃から大企業を中心に普及が始まっています。
導入済みの企業では毎月のようにRPAロボットが増産(作業のRPA化が促進)され業務効率が向上しています。
他行に先駆けてRPAを導入した三菱UFJ銀行では、RPAにより年間1万時間の作業時間の削減に成功しています。

RPAに任せられている業務例

総合商社
データ入力・更新、検証作業(比較・突合)
通販会社
商品登録作業、画像加工(サイズ変更)、売上集計
調査会社
インターネットを使った情報の収集、条件に一致するデータの抽出

RPAは難しいことは出来ません。
一般職や派遣さんにお願いするようなPC雑務をやってくれる存在と捉えるとイメージが掴みやすいです。

RPAのメリット
RPAを活用することで、海外へアウトソーシングやオフショアに出していた業務もさらに低いコストで国内に戻せます。

RPAとAI(人工知能)の違い

RPAは自動化する為のツールですので、役割の異なるAI(人工知能)との比較は一概には出来ませんが、 疑問を持たれる方が多い為、RPAとAI(人工知能)とシステムの違いと関係について表にしてまとめます。

RPA一般的なソフトウェアAI
出来ること 単純複雑高度も可
可動範囲 限定的広範囲専門的
スピード 人と同じ早いソフトウェアに依存
ミス(間違い) しないしないする
導入費用 安い高い高い
開発日数 短い長い長い
作れる人 誰でも開発者開発者

重要
RPAを単体で使うと上記のような働きに止まりますが、RPAと組み合わせるツールを高度化することで対応できる仕事の幅が広くなります。

AIでパワーアップした「RPA2.0」

RPA2.0はAIを組み合わせたRPAの名称です。
RPAをAIで拡張することで、単純作業から卒業し、より難しい処理が可能になります。

RPA2.0には、レベル3のAIを利用したEPA(Enhanced Process Automation)と、
より高度なレベル4のAIを利用したCA(Cognitive Automation) が有ります。
(当サイトで表記しているAIのレベル分類は、「AI(人工知能)解説ページ」に準じております。)

RPAの仕組み

一般的なソフトウェア(アプリケーション)は、内部処理の組み合わせによって成り立っています。
例えば、IEなどのインターネットブラウザと業務ソフトウェアのような異なるアプリケーション間でデータ扱う際は、 構造やフォーマット(形式)を把握した上で互換性を持つように連携させ構築する必要があります。

些細な変化が全体に影響する為、ちょっとした変更でも改修には手間もお金もかかります。

ソフトウェアがコンピューターの深いところで動いているのに対し、RPAの活動領域は浅いです。
RPAは操作として手順を覚え、透明人間がマウスやキーボードを使っているような動作をします。

ソフトウェアの動作イメージ RPAの動作イメージ

システム間で機能的に動く

人の代わりにパソコン操作

RPAの導入方法

    RPAの開発手順

  1. RPAの特性を踏まえた上で自動化が出来そうな業務タスクを探します。

  2. 業務手順を全て書き出します。

  3. 手順を整理します。
    無駄な手順や抜けている手順が無いか業務部門にチェックして貰います。

    RPA導入のチェックポイント
    RPAは例外には対応できないので工程を全て網羅している必要が有ります。

  4. RPAを作ります。

    重要
    「RPAの作成には運用ルールが必須」
    RPAは誰でも作れますが、RPAを運用するルール作りはシステム担当者に任せましょう。
      例えば、
    • RPAに適切なアクセス権限を与え、操作ログを残す。
    • RPAの悪用による情報漏洩を防ぐ為に、セキュリティ対策を十分に行う。
    • 自動化をする上で、複雑な処理が外せない場合は部分的にコード処理を併用させてRPAの汎用性を上げる。
  5. 導入前に、必ず、検証テストを行いましょう。

RPAにデメリットはあるのか?

よく言われるRPAのデメリット(負)とはRPA導入の失敗がもたらした結果かと思います。
失敗なので回避することが出来ます。

RPA導入のよくある失敗例


RPA導入の失敗原因1「工程1でRPA化(自動化)できる業務の選定を見余った」

  1. 現場の声を汲まなければ、自動化が必要な業務の洗い出しは出来ません。
  2. かといって現場を尊重しすぎるとRPA化できるものが無いという結論になります。
    成果物が同じなのにも関わらず、人によって工程が違う場合は考慮する必要は有りません。
    是正すべき悪習慣です。

RPA導入の失敗原因2「工程2と3での業務フローの確認が甘かった」

  1. 結果、例外が多すぎてエラーで停止する
  2. 結果、ミスが大量に発生する
  3. そして、かえって手間が増えて、現場から抗議の声が出る。

RPA導入の失敗原因3「工程4でRPAの作成をシステム担当者や外注に依存しすぎている」

  1. 安価で導入できるRPAのメリットを生かせていない。
  2. 変更が容易であるというRPAのメリットを生かせていない。

facebookでシェア twitterでシェア google+でキープ はてなブックマークでキープ Lineで送る


AI、IoT、ビックデータ による複合ソリューション

スマートフォン向けページを表示しております。
コンテンツの半分が非表示になっている為、パソコンやタブレットPCで閲覧することをお勧めします。

facebookでシェア twitterでシェア google+でキープ はてなブックマークでキープ Lineで送る

RPAを一言で説明すると

導入費用が安い

24時間365日働く

PC雑務が無くなる

プログラム不要

ミスがゼロ

人手不足の即効薬

RPAとは?

RPAは手軽に導入できるパソコン作業の自動化ツールです。
Robotic Process Automationの頭文字を取って「RPA」と呼ばれています。
他にも、「デジタルレイバー」や「ソフトウェアロボット」などの呼び名があります。

RPAの特徴

RPAの事例

RPAは2017年頃から大企業を中心に普及が始まっています。
導入済みの企業では毎月のようにRPAロボットが増産(作業のRPA化が促進)され業務効率が向上しています。
他行に先駆けてRPAを導入した三菱UFJ銀行では、RPAにより年間1万時間の作業時間の削減に成功しています。

RPAに任せられている業務例

総合商社
データ入力・更新、検証作業(比較・突合)
通販会社
商品登録作業、画像加工(サイズ変更)、売上集計
調査会社
インターネットを使った情報の収集、条件に一致するデータの抽出

RPAは難しいことは出来ません。
一般職や派遣さんにお願いするようなPC雑務をやってくれる存在と捉えるとイメージが掴みやすいです。

RPAのメリット
RPAを活用することで、海外へアウトソーシングやオフショアに出していた業務もさらに低いコストで国内に戻せます。

RPAの仕組み

一般的なソフトウェア(アプリケーション)は、内部処理の組み合わせによって成り立っています。
例えば、IEなどのインターネットブラウザと業務ソフトウェアのような異なるアプリケーション間でデータ扱う際は、 構造やフォーマット(形式)を把握した上で互換性を持つように連携させ構築する必要があります。

些細な変化が全体に影響する為、ちょっとした変更でも改修には手間もお金もかかります。

ソフトウェアがコンピューターの深いところで動いているのに対し、RPAの活動領域は浅いです。
RPAは操作として手順を覚え、透明人間がマウスやキーボードを使っているような動作をします。

RPAの導入方法

    RPAの開発手順

  1. RPAの特性を踏まえた上で自動化が出来そうな業務タスクを探します。

  2. 業務手順を全て書き出します。

  3. 手順を整理します。
    無駄な手順や抜けている手順が無いか業務部門にチェックして貰います。

    RPA導入のチェックポイント
    RPAは例外には対応できないので工程を全て網羅している必要が有ります。

  4. RPAを作ります。

    重要ポイント
    「RPAの作成には運用ルールが必須」
    RPAは誰でも作れますが、RPAを運用するルール作りはシステム担当者に任せましょう。

      例えば、
    • RPAに適切なアクセス権限を与え、操作ログを残す。
    • RPAの悪用による情報漏洩を防ぐ為に、セキュリティ対策を十分に行う。
    • 自動化をする上で、複雑な処理が外せない場合は部分的にコード処理を併用させてRPAの汎用性を上げる。
  5. 導入前に、必ず、検証テストを行いましょう。

RPAにデメリットはあるのか?

よく言われるRPAのデメリット(負)とはRPA導入の失敗がもたらした結果かと思います。
失敗なので回避することが出来ます。

RPA導入のよくある失敗例


RPA導入の失敗原因1「工程1でRPA化(自動化)できる業務の選定を見余った」

  1. 現場の声を汲まなければ、自動化が必要な業務の洗い出しは出来ません。
  2. かといって現場を尊重しすぎるとRPA化できるものが無いという結論になります。
    成果物が同じなのにも関わらず、人によって工程が違う場合は考慮する必要は有りません。
    是正すべき悪習慣です。

RPA導入の失敗原因2「工程2と3での業務フローの確認が甘かった」

  1. 結果、例外が多すぎてエラーで停止する
  2. 結果、ミスが大量に発生する
  3. そして、かえって手間が増えて、現場から抗議の声が出る。

RPA導入の失敗原因3「工程4でRPAの作成をシステム担当者や外注に依存しすぎている」

  1. 安価で導入できるRPAのメリットを生かせていない。
  2. 変更が容易であるというRPAのメリットを生かせていない。